加齢臭にはシャンプーで終止符を打とう|嫌な臭いを防御

ディスペンサー

頭皮のにおいのケア

加齢臭が改善できるシャンプーとして人気を集めているものに、柿渋エキスと炭が主な有効成分となったものがあります。このシャンプーには抗炎症成分や保湿成分も配合されており、すっきりとした洗い上がりでにおいを抑えることができます。

メンズ

大人の頭皮と髪のケア

女性にも加齢臭があり、女性ホルモンの分泌が低下してくる中年期以降は加齢臭の原因となる皮脂の量に注意が必要です。頭皮や毛髪からのにおいの対策には加齢臭シャンプーで頭皮や髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使用し、皮脂の量をコントロールして頭皮に余分な皮脂を残さず清潔に保つことが大切です。

気になる嫌な臭いの対策

男の人

理想的な体洗いと洗髪

中高年世代以降になると、自分の体や頭部からの臭いが気になる方も多くなってくる傾向にあります。それらの臭いは一般的に、「加齢臭」と呼ばれ知られています。体から発せられてくる臭いを抑えようとする場合、シャワーを浴びながらついゴシゴシと皮膚を強くこすってしまいがちです。しかし、洗いすぎはかえって肌の乾燥化をまねき、それを防ぐために臭いの原因となる皮脂が過剰に分泌されてしまいます。この皮脂と汗、そして肌に付いた菌が、嫌な臭いのもととなってしまうので、体を洗い流す際には、強くこすり過ぎないようにする必要があります。また、石鹸が肌に残ったままでいると、臭いの原因菌の繁殖を促してしまうため、十分に洗い流すようにします。それから、頭部の加齢臭を予防しようとする際には、臭いを抑えてくれる成分が配合されたシャンプーを選択することが大切になってきます。同時に、地肌に優しいアミノ酸系成分が配合されたシャンプーを使用することによって、頭の皮の乾燥と臭いを抑えてくれます。ただし、頭からの臭いを抑えようとして、一日になんども髪を洗っている方は注意が必要となります。これも、体の皮膚と同様にして、洗いすぎによる皮脂の過剰分泌につながってしまい、加齢臭を強めてしまうため、基本的にシャンプーは、一日一回にとどめておくようにするようにしたいです。また、シャンプーで髪を洗う際には、あらかじめ手のひらなどで泡だててから洗髪することで、シャンプーが毛穴に詰まってしまうことを避けられます。シャンプーが毛穴に詰まってしまうと、皮膚への負担が生じてしまいますし、加齢臭予防の妨げともなります。洗髪後のすすぎもしっかりと行い、シャンプーが皮膚に残らないようにすることも、加齢臭対策とともに、健康な髪を維持していくうえで、重要なポイントとなります。

男性

年齢から来る頭の臭い

フケが主因の頭皮臭と毛髪臭が合わさり、年を取れば頭部からも加齢臭を放つようになります。そこで臭いのケアを行う場合は、加齢臭用のシャンプーを使い、耳の裏側も含めて的確に手早く洗うことがコツです。洗い過ぎると余計に皮脂が分泌されるため、皮脂を落とし過ぎないことがポイントになっています。